コケの研究

 小学校5年だったか、6年だったか夏休みの宿題で、緑色のきれいな標本を作ってくることが課題として出された。アイロンで乾燥させるとか、シリカゲルで乾燥させることを考えたが、コケの標本を作ることを思いついた。ご存じのように、コケは机の上などに放置しておいても変色しない。用心のために、吸い取り紙を束ね、その間に採集したコケを挟むことにした。
 採集してきたまでは良かったのだが、名前がわからない。手元には戦前に出版された牧野植物図鑑しかない。元々コケは少ししか掲載されていないのに加え、旧カタカナ使いで記されており、おまけに小文字も並活字で組まれていた代物であった。

フトリユウビゴケ
 ハヒゴケ(ハイゴケ)、ゼニゴケなどは絵あわせだけで、これに違いないとわかった。これかもしれないと思えた種の中に「オホバホウワウゴケ」、「フトリユウビゴケ」があった。「オホバホウワウゴケ」は実に発音しにくいコケであった。人に説明するのに、これは「オホバホウワウゴケ」・・・・その後、これはオオバホウオウゴケであることがわかる。
 その後、かなり後まで誤解していたのが「フトリユウビゴケ」であった。「ふとり・ゆうび・ごけ」:「太り優美苔」と読めるので、そのような意味であると思っていた。実際にかなり太めであり、きれいなコケである。本当は、「ユ」は小文字の「ュ」であり、「ふと・りゅうび・ごけ」:「太竜尾苔」であった。活字の種類が少なかったためか、小文字が全く使われていなかったのである。

鼻高々の少年ピノキオ
 コケの名前など、身の回りの人たちは誰も知らない。少し知っているだけで、随分と知ったかぶりができる。しかしながら、すぐに大きな壁にぶち当たってしまった。名前の付けられないコケが多数出てくることになり、新種だらけになってしまう。
 牧野植物図鑑は昭和15年(1940)に出版され、昭和36年(1961)に新版が出版された。新版では、78種のコケ植物が記載されている。コケ植物に関する図鑑(保育社の原色蘇苔類図鑑)が市販されたのは、昭和47年(1972;小生が大学を卒業した年)であり、その間は簡単に入手できる状況にはなかった。わからないコケが増えて来るに連れ、これはストレスになる。頑張ってもわからなくなると、次第に興味を失うことになる。中学校時代はそのような状況であった。

コケのメッカ 広大
 高等学校に入学し、生物部に入部した。基町高校の生物教員は、広大の出身者および大学院の非常勤など、いまから振り返るとすばらしいスタッフであった。何度も広大を訪問する機会やそのころ山陽女子短期大学の講師(?)であったS先生などの教えを請う機会も与えていただいた。広大理学部植物学教室の廊下はコケの標本で溢れ返っていた。広大を訪問したとき、当時大学1年生であったT氏を紹介していただいた。坊主頭に鋭い眼光、彼は高校時代からコケの世界では有名であり、主任教授の代理で採集に出かけるほどであるという。
 これでコケの研究に熱中するかと思えば、そこが元来のひねくれ者で、大量の標本と、世の中にはすごいやつが居るものだ! という事実を知るに及んで気後れしてしまった。ピノキオの鼻が見事に折られてしまったのである。以後、プッツリとコケの研究は止めてしまった。

湿原はコケの世界
 温暖低地の湿原にはコケ植物は少なく、主役ではないが、冷涼な地域に発達する湿原はコケが主役である。コケの分類・同定にスムーズに入れたのも、このような少年時代からの経験があったからであろう。
 湿原のコケでもっとも重要なのはミズゴケ類である。小生の指導教官である鈴木兵二先生は、ミズゴケの分類から湿原植生の研究へとテーマを発展された。逆に言えば、ミズゴケの同定ができなかれば、湿原の研究は不可能に近い。最近は、高海抜に発達する湿原の研究を行う機会が少なくなり、同定能力が錆び付いてしまった。

もどる