オオモミジ Acer amoenum (カエデ科 カエデ属)
 オオモミジは北海道中部以南から九州にまで分布する落葉小高木。山地の森林に生育し、ブナ帯びから常緑広葉樹林帯の上部の落葉広葉樹林に生育する。庭園木としてもよく植栽される。葉は端正で美しく、通常7つ(5〜9)に掌状に分かれる。4月から5月にかけ、展葉直後に花を開く。花は紅色で、雄花と両性花が混在する。果実は1つの花に2つでき、翼があって風で散布される。
 オオモミジはイロハモミジとよく似ており、両種ともに庭園木として植栽される。両種を比較すると、オオモミジの葉がやや大きく、葉はやや厚い。イロハモミジの方が成長速度が速く、発芽率も高いようで庭の片隅などでよく自然生えがみられる。木質としてはオオモミジの方が堅くて丈夫である。ブナ帯などで自然林の構成種として生育するので、丈夫で長持ちタイプなのであろうと思う。大きく育ち、神木となっている例もある。果実がなっている場合には、果実が水平ではなく、鈍角に開いていることで区別できるとされるが、水平に近いものもあり、これだけでは難しい。
種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる