ヤマウコギ Acanthopanax spinosus (ウコギ科 ウコギ属
 ヤマウコギは岩手県以南の本州に分布する落葉低木。適潤地の林縁などに生育する。樹高は数mになり、枝はあまり強くないので、広がった枝は垂れ下がる。短枝と長枝があり、長枝では葉は互生するが、短枝では束生する。節には大きな棘がある。雌雄異株で、5月に短枝から花序を伸ばして多数の花を咲かせる。花柱は2本で、7月頃から黒色に熟す。 葉柄は3〜10cmで長く、葉は5小葉からなる掌状。鋸歯は小さなものから荒いものがあり、単鋸歯。

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる