ウチワサボテン Opuntia sp. (サボテン科 オプンティア属
 ウチワサボテンはメキシコ原産と思われる多年草。中部以南の温暖な地方で植栽されているが、沿岸域では野生化して群落を形成している場所もある。いくつかの種類・品種があるようで、棘の形・大きさや草丈などにも違いがあるが、よくわからない。サボテンを変換すると「仙人掌」と出てくる。名前の由来には諸説あるようだが、当初はサボテンといえば、本種をさしていたようである。300年以上昔から日本に渡来していたらしい。葉はなく、新しい茎は平たい楕円形であるが、下部のものは丸く太る。夏、茎の縁に黄色い花を咲かせる。花弁は艶があり、雄しべはこの仲間の特徴通り、非常に多数である。果実は赤紫色に熟し、美味とはいえないが、ほんのりと甘く、食べられる。棘は数本のしっかりした棘と細い棘がある。細い方は触ると刺さって容易に抜けてしまい、実に厄介である。
 もっぱら観賞用に栽培されてきたが、棘を取ってピクルスにしたり、せき・解熱などに薬効があるとして、汁を絞って民間薬として服用されたこともある。
ウチワサボテンウチワサボテンの花
ウチワサボテンの果実ウチワサボテンの棘


種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる