ダイコン Raphanus sativus L. var. longipinnatus Backerアブラナ科 ダイコン属
我が家の庭のダイコン畑
 我が家の狭い庭では次第に畑の面積が広くなり、以前に植栽されていた植物は片隅に追いやられている。6月のはじめの段階では、居間の正面にダイコンが生えており、そのほかにはトマト、キュウリ、ブロッコリー、ゴーヤ、オクラ、レタス、食用ホウズキなどが生長しつつある。

 講演では、キャベツやブロッコリーの苗は売ってますが、ダイコンやニンジン、ゴボウの苗は売っていません。「ダイコンを移植するとダイコンではなくなります」などと話すわけですが、実際にそのような事を経験したわけではない。これはコナラなどの直根が発達する植物を移植すると、根系に関しては、もはやコナラではないという講演のネタなのである。

ダイコンのポット苗中央の穴から出ているのは吸収根
 今年も何度かに分けてダイコンを蒔いたのであるが、ダイコンのポット苗も作ってみた。播種から25日後にポットから抜いてみた。特に普通の花の苗と変わりは無く、中心の穴からは吸収根が出ている程度で、直根はよくわからないが、ポットの底の周辺をぐるぐる回っているのがそうかも知れないと見た。

主根はよくわからない直播のダイコン
直播のダイコンポット苗を移植したダイコン
 直播とポット苗の地上部は決定的な違いはなく、直播の葉の長さが42cm、ポット苗が38cm。

ポット苗移植と直播ダイコンの比較ポット苗を移植したダイコンのルーピング
 抜いてみるとポット苗ダイコンの根は見事なルーピンであった。全体を見ていただいてわかるように、やや小ぶり。根の長さに関しては、伸ばしてみるとほぼ同じ長さなのであろう。これは第一段階であり、次は間引き苗の根を見てみたくなっている。直根を切ってしまうとどうなるか?

 ちなみに、無農薬のダイコンの葉は入手困難で貴重であり、ご近所も含めて大評判。曲がった根のダイコンも喜ばれて引き取られていきます。なお、根は素直に育ったものよりも辛かったです。苦労すると辛くなるというわけですね。
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top