イソノキ Rhamnus crenata (クロウメモドキ科 クロウメモドキ属
 イソノキは本州から九州、朝鮮・中国に分布する落葉の小高木で、高さ数m〜6m程になる。湿原の周辺や斜面下部の道沿いなどのやや湿った場所に生育することが多いが、乾燥する尾根筋にも生育する。共通点は日照条件が良いということであり、樹高を高くすることは、得意でない。葉は長さ6〜12cm、長楕円形でサクラ類の葉に似た印象がある。6月から7月に葉腋に花序をだし、黄緑色の小さな花を咲かせる。果実は緑から赤に、やがて紅紫黒色に熟すが、赤い色の時期が長い。同じ属のネコノチチに似ているが、ネコノチチは高さ15mに成長する高木であり、果実は楕円形。
サクラに似ているイソノキ花を付けたイソノキ
夏のイソノキ秋のイソノキ

1.イソノキ 2. 3. 4.果実
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科