オオカナメモチ Photinia serrulata (バラ科 カナメモチ属
 オオカナメモチは本州では希に生育する常緑広葉樹であり、岡山県や愛知県、奄美大島、沖縄などに分布する。世界では中国・台湾・フィリピンに分布する。岡山県では自生のものはほとんど見られない。しかし、植物園や公園の植栽木からの種子供給と思われる自然芽生えが時折見られるようになった。
 カナメモチよりも大型であり、葉の長さは10〜20cmになる。葉は落ちる前には赤く紅葉する。5〜6月に白い花を咲かせ、秋には直径約6mmの果実を総状に付ける。茎の太さに比べ葉の重量は大きいようで、若木は直立することが困難なようである。強い直射日光のあたる環境条件が継続する場所でのみ生育できるのではないかと思う。
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科