ニワトコ Sambucus racemosa ssp. sieboldiana 
 ニワトコは本州から南西諸島に分布する落葉の低木。明るい谷筋や林縁など、比較的水分条件や土壌条件が良好な場所に生育する。高さは数mになり、根元から勢いのある太い茎が出て株立ちとなる。葉は2〜4対の小葉を持つ複葉であり、全体の長さは20cmほどで落葉樹にしては厚い葉である。葉が開いた後、4月の終わり頃に房状の花序を出し、クリーム色の小さな花をたくさん咲かせる。果実は5月の終わり頃には熟し始め、赤く熟して美しい。熟し始めた頃は赤いものと緑色のものが混ざっており、6月の中頃には大半が無くなっている。開花から1ヶ月という短期間で散布していることになる。この時期の種まきは、草本が既に生えそろっており、すぐに発芽するには適しているとは言えないだろう。果実の少ない時期に鳥に食べられ、あとはゆっくりと時を待って発芽するのかも知れない。
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top