アキチョウジ Rabdosia longituba (シソ科 ヤマハッカ属
 アキチョウジ岐阜県以西の本州から九州に分布する多年草。暖温帯上部から冷温帯にかけての落葉広葉樹林の林縁や谷筋、山道沿いなどの半日陰の場所に生育する。茎の長さは1m近くになるが長くなったものは倒れやすく、草丈そのものは低い場合が多い。葉は長さ7〜15cm。基部は楔状の翼になって葉柄に長く流れる。花は8月から10月にかけて次々と片方に整列して咲き、青紫色。花筒の長さは2cm弱で、特徴ある形をしている。学名の種小名も「長いチューブ」。
アキチョウジ Rabdosia longitubaアキチョウジ
アキチョウジの花序アキチョウジの葉
アキチョウジの花アキチョウジの花
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科