フトボナギナタコウジュ Elsholtzia argyi var. nipponica (シソ科 ナギナタコウジュ属)
 フトボナギナタコウジュは関東以西から九州に分布する一年草。山道の側などに生育するが、開花したものはあまり見かけない。茎は直立して少数分枝し、有毛。葉は鮮やかな緑色で、葉柄に少し流れる。花は9月から10月に咲き、淡紅紫色。花は偏って咲く。苞は縁にちじれた毛があり、背面にも短毛がある。和名はナギナタコウジュよりも花穂が太いという意味であろうが、もっと粋な名前はなかったのであろうかと思う。山道で出迎えてくれる姿は美しい。
  ナギナタコウジュに似ているが、全体に直立する傾向が高く、花穂や葉がやや大きく、苞が上部の幅が最も広く、背面にも毛があり、苞の先端が長く伸びていることで区別できる。
フトボナギナタコウジュの花横から:苞の先端が長い
全体像フトボナギナタコウジュの葉
種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる