ヒメナミキ Scutellaria dependens (シソ科 タツナミソウ属
 ヒメナミキは北海道から九州、朝鮮・中国・シベリアに分布する多年草。沼沢地に生育し、茎は細くて柔らかく、他の植物に支えられ、あるいは上に乗って生育する。寄りかかり植物といった表現がふさわしかろう。茎の長さは50cmを超え、自らの力では立つ力はない。葉は三角形で対生し、長さ1〜2cm、。脈上にわずかに毛がある。花は7月から9月、葉腋に目立たない花を2つずつ咲かせ、長さは7mm。
カサスゲの上を這うヒメナミキヒメナミキ
ヒメナミキ Scutellaria dependens の花ヒメナミキの葉
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科