イヌトウバナ Clinopodium micranthum (シソ科 トウバナ属
 イヌトウバナは北海道から九州に生育する多年草。暖温帯の中部から冷温帯にかけての林縁、山道沿いなどに生育する。群落を形成して群生する傾向がある。草丈は20から30cm程度。葉は卵形で長さ2〜3cm。鋸歯は荒く、裏面には明瞭な腺点がある。花は8月から10月に咲き、薄紫色。顎には開出する毛が目立つ。
 姿形は里地に生育するトウバナとよく似ているが、山の林縁や谷などに生育すること、トウバナの花は春に咲くのに比べ、イヌトウバナは夏から秋にかけて咲く点、顎の毛の有無、腺点の有無などに着目すれば、容易に区別できる。
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科