ニシキゴロモ Ajuga yezoensis (シソ科 キランソウ属
 ニシキゴロモは北海道・本州・九州の日本海側に多く分布する多年草であり、岡山県では脊梁地域の暖温帯上部の山地に見られる。落葉広葉樹林の、山道などの日当たりの良い傾斜地に生育する。大きな落ち葉はたまらないものの、土が次第にたまっていく場所が生育に適しているようである。茎は地下で分かれ、生長に伴って株を作る。図鑑には高さ8〜15cmとあるが、春の段階では地面に張り付いており、次第に花茎を伸ばして高くなるのであろう。葉は対生し、長さ2〜6cm。葉はやや厚く、表面には毛がある。裏面は赤紫色であったが、特別な色のないこともあるそうである。4月から5月にかけて紫系の花をたくさん咲かせて美しい。

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる