ラショウモンカズラ Meehania urticifolia (Miq.) Makino (シソ科 ラショウモンカズラ属
 ラショウモンカズラは本州〜九州、朝鮮に分布する多年草。4月から5月にかけ、美しい紫色の花を咲かせる。花冠の長さは4〜5cmであり、シソ科の植物としては大きな花であり、開花していると目立つ。谷沿いの明るい樹林下などに生育する。開花している状況からは、ツル植物とは思えないが、開花していない部分から地上を這う走出茎を出す。花後の株からも走出茎を伸ばすものと思うが確認していない。走出茎はツル植物のように巻きつくというよりもヤエムグラのように斜面を上方に向かってまっすぐ倒れ掛かって登っていくといった感じ。
 和名は花を羅生門で切り落とした鬼の腕に例えたと言われる。さすれば、開いた花弁は腕の切り口であり、切られた鬼は青鬼なのであろうか。
急傾斜地が好きなラショウモンカズラ(広島県三段峡)
ラショウモンカズラの花序花
花ラショウモンカズラの走出茎
ラショウモンカズラの葉葉裏面の拡大
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科