ローズマリー Rosmarinus officinalis (シソ科 ロスマリヌス属
 ローズマリーは地中海沿岸原産の常緑低木。香辛料や精油を薬に用いられる。重要な植物であるところから、多様な品種があり、姿や花の色にも幅がある。葉は線状の葉が輪生状になっているが、おそらく複葉が対生していると解釈すべきであろう。花の形はシソ科の花の特徴をよく示して入るが、大きく湾曲して上からさしかかっている雄しべはおもしろい。
 属名であるRosmarinusは、露+海の意味。種小名は薬用の意味。ローズマリーはRose Mary であり、マリー(マリア)のバラということになる。海は地中海沿岸の原産であることによるであろう。ロスマリンがなまってローズマリーになったのか・・・と想像をたくましくするが、もちろん確かな話ではない。
ローズマリーローズマリーの葉
ローズマリーの花ローズマリーの花
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科