サンインヒキオコシ Rabdosia shikokiana var. occidentalis (シソ科 ヤマハッカ属)
 サンインヒキオコシは北陸地方の西部から山陰地方・九州北部に分布する多年草。ブナ帯などの夏緑広葉樹林の林床や林縁などに群生して生育する。茎は高さ40〜80cmで四角形。葉は対生し、基部は楔形になり、葉の縁には明瞭な尖った鋸歯がある。表面には毛が散生し、中央脈上にはねた毛が密生する。裏面にも毛が散生し、脈上には立った毛がある。花は8月から10月に咲き、淡紫色。花冠の上唇は4裂し、に上方に反り返る。四国に生育するミヤマヒキオコシの変種であり、葉の幅がより広く、花がより大きい。
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科