トウバナ Clinopodium gracile (シソ科 トウバナ属
 トウバナは本州以南の日本各地、朝鮮・中国に分布する多年草。耕作地周辺の草地や路傍など、里地の刈り取り草地に普通。草丈は高いもので20cmほど。茎は下部で枝分かれして株立ちとなる。葉は長さ1〜3cmで毛は少なく、裏面脈上に毛が散生する程度。腺点がないのは特徴の1つ。花は5月から8月に咲き、淡紅紫色。顎筒の裂片は上側に3つ、下側に2つある。脈上に短い毛がある。花序は茎の頂端に形成され、花序の様子を塔にたとえ、トウバナの和名となった。
トウバナ Clinopodium gracileトウバナの花序(5月)
トウバナの花序トウバナの花と顎
トウバナの葉(表面)トウバナの葉(裏面)
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科