ヒイラギモクセイ Osmanthus ×fortunei (モクセイ科 モクセイ属
 ヒイラギモクセイはギンモクセイとヒイラギの雑種であるとされ、公園木や庭木として良く植栽されている。雄株だけが知られており、繁殖は取り木である。葉の大きさはキンモクセイに似ており、葉の周辺が棘になっている性質はヒイラギから受け継いでいる。10月に親譲りの良い香りのする白い花を開かせる。花弁は4枚に分かれ、2本の雄しべがある。花の中心には退化した雌しべが見える。葉脈が丈夫なので、葉肉を苛性ソーダで取り去って葉脈だけにしてしおりなどを作った経験のある思い出を持つ人も多いと思います。
注:学名の種小名の先頭に記されている×印は雑種であることを意味する

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる