キンモクセイ Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科 モクセイ属
 キンモクセイは中国原産の常緑小高木樹であり、主に庭園に植栽される(金木犀)。10月に開花し、強い芳香を漂わせる。この香りは化学的に合成され、ポピュラーな香りになってしまった。私にはこの香りに幾つかの思い出があるが、最近の学生さんは「トイレの臭い」などと表現してしまうので、台無しである。花弁は4枚、雄しべは2本。日本には雄株しか渡来していないので、種子はできない。繁殖は主に取り木である。

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる