ショクヨウホオズキ Phyalis pubescens var. grisea  (ナス科 ホオズキ属
 時折散歩する耕作地の一隅にホオヅキの仲間が生えている。昨年も同じところに生えていたので多年草であることがわかる。一緒に散歩していた人物が、懐かしいという。よく食べていたとのことであった。食べてみることにした。「おいしい!」 甘いトマト? トマトよりもさっぱりした食味で、いくつもいただいた。この撮影場所は、半栽培といった状況だが、大豆畑などにも点々と生育が見られ、繁茂している。
 岡山県にはヒメセンナリホオズキとその変種のショクヨウホオズキの分布が報告されている。平凡社の「日本の帰化植物」によれば、ヒメセンナリホオズキは短い斜上する毛、ショクヨウホオズキは立つ毛が密生ということなので、ショクヨウホオズキと判断した。両者の区別は困っているようで、混乱しているように見える。本質的な違いではないのであろうと思う。
 茎は枝分かれして横に伸びて広がり、群落をつくる。葉は長さ5cm前後で、先端側の基部は小さくて左右不同。両面有毛で、特に裏面脈上には短い直立した毛が多い。茎にも立った短い毛と長い毛が多いが、花柄や萼には立った毛が多い。花は黄白色で紫褐色の斑があって、毛が多い。果実は次々と付き、熟したものは落下する。
ショクヨウホオズキ Phyalis pubescens var. grisea
下側からみた枝袋を破った中
花ヒメセンナリホオズキの花
ヒメセンナリホオズキの葉裏面
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科