アガパンサス Agapanthus africanus (ユリ科 アガパンサス属
 アガパンサスは南アフリカ原産の多年草。最近、各所の庭や花壇で見られるようになって来た。スイセンに似た幅の広い葉が叢生し、6月から7月にかけて高さ60cmほどの花茎を出し、次々と淡紫色の花を咲かせる。花期が長く、強健で、放置しておいても花つきがよいことで流行るのであろう。8月には花が終わって果実を付け始める。いくつか品種も作出されているようで、白花の品種もある。
 最初はヒガンバナ科ではないかと思えた。葉の形と花茎から多数の花が咲く姿からそのように思えたのだが、ユリ科とのこと。ユリ科は子房上位であり、ヒガンバナ科は子房下位であることで区別される。花を横から見ると、たしかに子房上位であり、ユリ科である。
アガパンサスアガパンサスの花序
アガパンサスの花アガパンサスの葉
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科