ノギラン Metanarthecium luteo-viride (ユリ科 ノギラン属)



 ノギランは北海道から九州に分布する多年生の草本。湿原の周辺や路傍など、やや湿った場所に生育する。葉は全て根生葉であり、ロゼット葉を形成している。時としてショウジョウバカマと混生し、見分けにくいことがあるが、ショウジョウバカマよりも葉が細く、葉の芽だしが筒状にならない点で区別できる。7月から8月にかけ、淡く赤褐色を帯びるクリーム色の花を咲かせる。
ノギランのロゼットノギランの花序ノギランの花
 ノギランのようにロゼットを形成する植物は、基本的に競合する植物が少ない立地でしか生育が困難である。地表面に葉を広げる方法は、支持組織にコストをかける必要がない点で有利ではあるが、背の高くなる植物が周辺に生育すると容易に日照不足に陥ってしまうからである。タンポポ類は季節的に競合する植物が少ない時期にロゼットを形成する。ノギランの場合は、春から秋にかけてロゼットを形成しているわけであり、競合する植物が、少なくともある程度の年月生育しない立地でなければ生育が困難であることになる。
 ノギランが湿原の周辺に多いのも、湿原の形成環境そのものが、通常の植物が生育しにくい環境であることを意味している。

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる