タマネギ Allium cepa (ユリ科 ネギ属



 タマネギはペルシャ原産の多年草で明治初期に導入された。現在では食卓に欠かせない食材であるが、日本における歴史は比較的新しい。地中海からペルシャ地域の草本の多くがそうであるように、秋から葉をのばし始め、春に花を咲かせる。比較的寒さに強いので、温暖な地域では冬に栽培する作物であり、北海道などでは夏に栽培される。古くから薬効があるとされており、最近では血液をサラサラにする効果があることで話題となった。
 タマネギの花は「ネギ坊主」と呼ばれるように、球状の花序を形成する。近寄って見ると、花弁は6枚あり、雄しべも6本である。花序の付いている緑の円筒部分は、茎であることになる。葉も同様に円筒状である。食べる部分は葉の根本が肥大したものであり、葉を食べていることになる。
タマネギのネギ坊主タマネギの花
タマネギのネギ坊主タマネギの貯蔵風景
 タマネギは軒下などにつるして貯蔵する。湿り気があると発芽・発根しやすい。水耕栽培すると簡単に発根するので、根端を利用した細胞分裂の観察にはもってこいである。染色体数は2n=16。

 タマネギなどのネギ類はイヌには有毒であり、血液を溶解させる作用があるという。イヌに与える餌には禁物である。ネギからいえば、食べられないための自衛策である。とすれば、タヌキはイヌ科なので、タマネギを食べないのであろうか? イノシシは? 食べるのは人間だけ?

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる