ヤマラッキョウ Allium thunbergii (ユリ科 ネギ属



 ヤマラッキョウは本州福島県以南の地域に生育する多年生草本。やや湿潤な草原に生育することが多く、湿地の周辺にも見られる。和名は食用のラッキョウに似ているとの意味。地下には球根があり、地際から数枚の細い葉を出し、夏の終わりから秋にかけて花茎を出して紫色の花を咲かせる。

ヤマラッキョウヤマラッキョウ
(岡山県阿哲郡哲西町鯉ヶ窪湿原 2000/10/14)

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる