ユキザサ Smilacina japonica ユリ科 ユキザサ属
 ユキザサは北海道から九州、朝鮮・中国・ウスリーなどに分布する多年草。ブナ林などの落葉広葉樹林中や道沿いに生育する。地下茎は比較的よくのびるので、群生というよりは、点々と生育する感じになる。茎は長さ20〜50cmほどで、上部は傾いてほぼ水平になる。葉は名前のように笹をイメージさせ、両面に荒い毛がある。5月に茎の先端に円錐形の花序を出す。雪を連想させるほどではないが、6枚の花披片と6本の雄しべからなる小さな白色の花を多数付ける。果実は秋に赤く熟す。
ユキザサユキザサ
花の拡大赤い実を付けたユキザサ


種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる