ビンロウ Areca catechuヤシ科 ビンロウ属
 台湾をバスで走っていると、ヤシの仲間ががたくさん植栽されているのが目立つ。最初は、こんなにたくさん植栽されているのだから、当然食べられるココヤシではないか、とあまり気にしていなかった。しかし、大きな実が稔っていないし、葉や茎の様子が少し違う。ビンロウであった。ビンロウはアジアから東アフリカの熱帯から亜熱帯地域に分布している。種子は、檳榔子として覚醒作用のある嗜好品として利用されるため、その習慣がある地域では広く植栽されている。
 台湾では、平地だけではなく、山地を切り開いて植栽されている。自然への影響が大きいとの観点から、新たな植栽は禁止されているとの事である。平野では畑の畦に列植されている程度であるが、山地や山すそでは尾根まで広く植栽された場所も多く、丘陵地ではバナナの植栽面積を上回り、イネ以外では、最も広い面積を占めている栽培植物ではないかと思う。
種名一覧科名一覧雑学事典目次Top生物地球システム学科