ナギ Podocarpus nagi (マキ科 マキ属
 ナギは常緑の高木。本州では奈良の春日神社、和歌山の熊野速玉神社、山口の小郡などに群落があり、天然記念物などに指定されている。四国・九州・琉球・台湾に分布する。神社やお寺に植栽されることが多く、時折庭園木としても植栽されている。ここに掲載したものも岡山市の寺院に植栽されているものである。
 樹高は20mほどになり、直径50-80cmほどになる。樹皮は黒褐色で鱗状にはがれる。ほぼ平滑で磨いたかのような特徴ある樹皮である。葉は対生で長さ4-8cm、幅1-3cm。平行脈ではあるものの、楕円形の葉は裸子植物とは思えにくく、ましてイヌマキと同じ属とは思いつきにくい。雌雄異株で、花は5月頃に咲き、直径10-15mmの丸い種子が付くという。
 奈良の春日神社ではナギのほぼ純群落があるとのことで、ナギがアレロパシー物質を生産するのではないかと言われている。ナギラクトンというアレロパシー物質を持っていることは確実なのであるが、シカとの関係もあり、あまり強いアレロパシーを引き起こす程ではないのかもしれない。材は緻密で年輪が不明瞭であるため、彫刻や家具などに利用される。
ナギの枝ナギの樹皮
ナギの葉ナギの葉:裏面拡大

種名一覧にもどる / 科名一覧にもどる / 雑学目次にもどる / HPにもどる