結果と考察


A5.二次林性の種

 わずかでもWI90℃以上の地域に分布の極大があるか,WI120℃以上の沿岸南部からコンスタントに分布が見られる種を選定した。これらの種はヤブツバキクラスにおける二次林の構成種として広く分布しており,温度条件や水分条件等に広い適応性を備えているものと思われる。低温域への分布範囲の違いにより,2つの分布型に細分した。

[最初のページ][A4.降水量に制限される種][A5a.暖温帯全域に広く分布する種]


岡山県における植物分布要因の解析
出典:難波靖司・波田善夫,1997.岡山県自然保護センター研究報告(5):15−41.
最終更新日:2000/07/07