メッシュ気候値階級による出現頻度分布(3)



和名出現頻度
B.暖温帯上部に分布中心を持つ種
B1.典型的暖温帯上部の種
モミ
ナツアサドリ
タカノツメ
ツクバネウツギ
ナラガシワ
ウグイスカグラ spp.
シキミ
シロダモ
フジキ
シラカシ
ヤマブキ
カゴノキ
ガンピ
ツガ
ウラジロガシ
アカガシ
ハネミイヌエンジュ
B2.特異な分布を示す種
ユクノキ
イヌブナ
カシワ
バイカツツジ
ホンシャクナゲ
B3.広域分布種
ウリカエデ
アセビ
ケヤキ
スノキ
コガクウツギ
クマノミズキ

図25.暖かさの指数・海抜高度・年降水量による種の出現頻度分布図(3).

[最初のページ][前の図(2)][次の図(4)]


岡山県における植物分布要因の解析
出典:難波靖司・波田善夫,1997.岡山県自然保護センター研究報告(5):15−41.
最終更新日:2000/07/07