メッシュ気候値階級による出現頻度分布(4)



和名出現頻度
C.冷温帯に分布中心を持つ種
C1.典型的冷温帯の種
ブナ
ヒメモチ
フウリンウメモドキ
オオイタヤメイゲツ
アサノハカエデ
コバノフユイチゴ
ミズナラ
サワグルミ
ムラサキマユミ
ハイイヌガヤ
ナナカマド
ツリガネツツジ
ハウチワカエデ
イタヤカエデ
オオカメノキ
ツルアジサイ
ダイセンミツバツツジ
エゾユズリハ
アサガラ
アズキナシ
ヤマグルマ
ミズメ
ミズキ
ハクウンボク
C2.中間温帯まで分布する種
コアジサイ
キハダ
ヤマアジサイ
ホツツジ
チドリノキ
コハクウンボク
クマシデ
ナツツバキ
ツノハシバミ
ミヤマイボタ
オトコヨウゾメ
アクシバ
チマキザサ
コハウチワカエデ

図26.暖かさの指数・海抜高度・年降水量による種の出現頻度分布図(4).

[最初のページ][前の図(3)][次の図(5)]


岡山県における植物分布要因の解析
出典:難波靖司・波田善夫,1997.岡山県自然保護センター研究報告(5):15−41.
最終更新日:2000/07/07