キーワード
 気温,降水量,樹木の分布,極相林,植栽樹種の選定

概 要

はじめに
 本研究の動機・目的

解析方法
 解析手順,解析対象種,環境要因となるメッシュ気候値,解析の元になる植物の分布資料等の概略

岡山県メッシュ気候値
 メッシュ気候値による岡山県の概略

結果と考察
 樹木種の気候的要因に対する分布傾向・範囲に着目し,種の類型化を行った。
 解析対象とした164種の類型結果は次の通り。
出現頻度分布図(1)
 分布型A1〜A3
出現頻度分布図(2)
 分布型A4〜A5b
出現頻度分布図(3)
 分布型B1〜B3
出現頻度分布図(4)
 分布型C1〜C2
出現頻度分布図(5)
 分布型C3〜D

1.分布傾向による類型化
 類型結果により,次のような分布型にグルーピングされた。
A.ヤブツバキクラスの種
A1.典型的ヤブツバキクラス
の種
A2.沿岸低地に分布する種
A3.低海抜地に分布する種
A4.降水量に制限される種
A5.二次林性の種
A5a.暖温帯全域に
広く分布する種
A5b.冷温帯にまで
広く分布する種
B.暖温帯上部の種
B1.典型的暖温帯上部の種
B2.特異な分布を示す種
B3.広域分布種
C.冷温帯の種
C1.典型的冷温帯の種
C2.中間温帯まで分布する種
C3.暖温帯まで分布する種
D.広域(県下全域)分布種

2.岡山県の極相林
 類型結果から,岡山県の今後の森林像について考察た。
3.分布型と自然緑化
 類型結果から,環境緑化の樹種選定についても言及した。
4.今後の課題

作者:波田1) & 難波2)
1)植物生態研究室(波田研)
2)(財)岡山県環境保全事業団
最終更新日:2000/07/07